So-net無料ブログ作成
検索選択
合唱・聖歌隊 ブログトップ
前の5件 | -

聖歌隊の梯子 [合唱・聖歌隊]

 昨日の日曜日は久しぶりに2つの教会の聖歌隊練習が続いた。所属教会ではミサ後に来週の堅信式のための練習をしたが、その前に昨日の答唱詩篇の聖歌のやり直しをやった。どうも歌いにくい聖歌なのか、答唱部分がばらけてしまった。楽譜通りに休符の部分で全部ブレスをしてしまうとまとまらなくなる。なので、歌詞を考えてブレスをしてはいけない休符箇所を確認した。先週のミサ後の確認が甘かったと反省。そのあとはカテドラルに移動しての練習。来週、再来週のミサ聖歌を練習し、さらに普段使ってるミサ曲や主の祈りも練習した。いつも歌ってる聖歌はどうしても流すだけの歌い方になってしまうので、楽譜を確認しながらポイントを絞った。これは次回もやらなくては。
nice!(0)  コメント(0) 

怒涛の8日間が終わった [合唱・聖歌隊]

 先週の枝の主日から始まり、教会は聖香油ミサ、聖木曜日、聖金曜日、復活徹夜祭、復活の主日と大きな典礼が続いた。さらに大学入学式とその準備があったので、この8日間はフルに3つの聖歌隊と一緒に動いていた。年に一度しか歌わない聖歌ばかりなので、準備にも時間がかかるし、聖歌隊メンバーの気持ちをキープするのも難しかった。もちろんハプニングもたくさんあり、よくぞ流れが止まらなかった・・・と思う瞬間もあったのだが、それでも何とか繋がっていく。以前なら一つ一つに慌てたが、なんとなくその場で一番必要なものを考える訓練ができてきたおかげか、場数を踏んできたせいか、動じなくなってきた。ただ今年は体調を整えることができなかったのが心残り。一番慌てたのは復活賛歌の直前の準備段階だった。今年はマイクを使うことにし、その練習もしたのだが、よく考えると楽譜をもって、ライトをもって、マイクを持って・・・って手が3本必要になる!司祭と一緒に入堂なのでワイヤレスを使うことしか考えてなかったが、先唱者のスタンドマイクをその時だけ借りることにした。落ち着いて考えるとどうってことないのに、焦るとダメですね。ホントならiPadに楽譜を落としておけばバックライトなので何の問題もなく譜めくりも楽なはず。もっと練習以外の準備も早くやらなくちゃダメですね。
nice!(0)  コメント(0) 

入学式 [合唱・聖歌隊]

 今年は無事に予定通りに入学式が行われた。毎年当たり前のように行われてた行事が当たり前じゃなかったことに気が付いた去年だった。つい3週間前に卒業式を行った会場で、今度は入学式をやる。聖歌隊メンバーも若干の入れ替えはあったがほとんど同じ顔ぶれの少数精鋭(笑)。この人数で2部にするのは難しいと思ったが、今までならユニゾンで何とかしてたところを、今年のメンバーならできるだろうと踏んで、ちょっとだけ冒険した。ぎりぎりまで手こずり、学生たちも怖いと言いつつも、それでもやる!と言い、式直前まで楽屋で練習してた。こちらも卒業式よりもちょっとマイクまでの距離を開け、一人一人の声がうまく溶けるような並びにしていく。小手先と言われても構わない。手持ちのものをすべて使って何とかしていく。式が終わって学生たちも、卒業式以上に緊張したと言っていたが、実はこちらも同じで、これからの課題が見つかった本番でもあった。
nice!(0)  コメント(0) 

聖歌隊あちこち [合唱・聖歌隊]

 日曜日は所属教会のミサの後、聖歌隊練習をした。なんせ来週が枝の主日なのでやること満載だ。聖週間の日程を確認して練習を終え、カテドラルに移動。聖香油ミサの練習は水曜日の直前にすることにして、こちらもやはり枝の主日と復活の主日で使う聖歌を中心に練習した。年に1度しか歌わない聖歌がたくさんあるのでいくら練習しても時間が足りない。

 月曜日は久しぶりに大学に行った。こちらは来週の入学式のための聖歌隊練習。 2週間ぶりに学生たちと顔を合わせるとなんとなく楽しくなってくる。旅行のお土産のお菓子をもらったり、楽しかった話しを聴いたり、私まで嬉しくなってくる。4年生が抜けて、いよいよ新しいメンバーでの活動が始まるね。


nice!(0)  コメント(0) 

週末 [合唱・聖歌隊]

 土曜日は卒業式。朝からあいにくの雪模様だった。9時に会場に入れるようにイズミティに向かったが、地下鉄構内を走るスーツ姿の女子大生の姿がチラホラ・・・。9時集合の4年生だね。(がんばれ~~!) 卒業式に参加する聖歌隊員は全員2年生で、去年は式が中止だったので全員初めての卒業式だ。いつもなら上級生が段取りをわかってるので、こちらは大雑把な指示を出すだけで済むが、今年はそうもいかなかった。その分、来年はうまく回るでしょう。聖書朗読は善きサマリア人の箇所、そのあとの司教様の講話は黙祷から始まった。壇上に上がる方は皆さん去年の震災に触れ、この1年のことを話された。卒業生にとっても大きな意味を持つ一年だっただろう。シャロームの歌詞にある「悲しみを乗り越え、苦しみを乗り越え、歩み続けてほしい」という言葉を本当に噛みしめた卒業式だった。

 日曜日はあの震災から1年に当たる日。目が覚めたらどうにも動けない。怠いし眩暈がするしギブアップ状態。ミサを休みギリギリまで寝て、カテドラルでの聖歌練習に行った。本末転倒な気もするが、昨日の午後は司教様司式の「東日本大震災犠牲者追悼並びに復興祈願ミサ」があり、その時に歌う聖歌が普段歌ってない聖歌だと前日に連絡をもらっていた。まずは一通りスムーズに歌えるように練習し、来週の答唱詩篇の聖歌を練習した。滅多に歌わない曲なので、第1朗読の箇所と合わせて考えてもらいながら、曲を作っていく。典礼聖歌の詩篇はかなり共通してることが多いが、その時の朗読箇所とか、典礼暦を考えるとポイントとなる言葉が違う。そこにどう焦点をあてて歌としてまとめていくかという作業が必要だといつも考える。そうじゃないと慣れ過ぎて手垢が付いた状態で歌って終わりになってしまう。時間に余裕があったので復活の続唱まで練習して終了。解散したタイミングで、午後のミサの答唱詩篇のソロ担当の人がやってきたので、発音や音程、ブレスの処理などワンポイントレッスンをして仕事終了。早く帰りたかったが結局はいつもの30分押しとなってしまった。昼食を取り、買い物して帰宅。買い物の途中でちょうど2時46分となった。店内のBGMは消され、それまでお客さんたちの声が賑やかだったのに、す~っと静かになっていった。そのあとはバッハが流れ、駐車場に着いた時にはシューベルトの弦楽五重奏曲が流れていた。(何とも渋い選曲だ)  帰宅後はそのままダウン。夕食もとらず、ひたすらひたすら寝ていた。朝になったら普通になっていた。今日はのんびりしよう。


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 合唱・聖歌隊 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。